弁護士への手続き

弁護士への手続きは交通事故に対する準備の後にする

交通事故の慰謝料の手続きは、交通事故が生じた直後に行うものではないのでしっかりと準備をしてから進めていかなくてはなりません。交通事故の慰謝料は、被害者が用意した客観的な証拠を元に手続きを進めていくことが通常なので、事故が起こったあとにはまずその事故が起こったことの証明を行って、自身に対する事故の過失が存在しないことを証明する必要があります。交通事故に関する被害者としての立場をはっきりさせることができたあとに、交通事故の手続きは進めていくものなのです。

交通事故は、事故が生じるとまず警察の捜査が始まってその捜査が終わった段階で民事的な案件を解決するための準備をしていくことになります。すぐに弁護士に対して相談に行くのではなく、まず警察からその交通事故が本当に事故であったという証明書を作ってもらわなくてはなりませんのでこれを作ってもらいます。そして、交通事故で慰謝料を請求するのならば当然被害者としては肉体的な損失を受けたことを意味しますので、事故によって生じた出費がどのようなものであったのかを計算して、それを証明できるものを揃えなくてはいけません。

具体的なもので言えば、病院から出してもらうことができる診断書やそれに伴う治療費を支払ったことを証明する証明書です 。特に、 被害者が治療にかかった日数やそれに伴う治療費は、保険の加入が義務付けられている日本国内の自動車保険に関しては非常に重要な意味を持ちますのでしっかりと揃える必要があります。そして、それ以上に被害者の肉体に大きな損失があった時には病院で用意してもらう証明書とは別に後遺障害の認定を受けることができる後遺障害認定という特別な認定を受けてその証明書をもらっておく必要があります。こうした準備を揃えておけば、交通事故の慰謝料を請求する準備としては完璧だといえます。

事前の証拠を揃えた段階で弁護士に相談すると、そうした客観的な証拠を前提として加害者側と示談交渉を行ってくれるようになります。基本的に裁判をする交通事故の当事者は非常に少なく、事故における慰謝料は示談金を指すことがほとんどなのです。示談交渉では保険会社から示談金を計算して提示されますが、被害者側からそれ以上の金額を請求できる客観的な証拠を提示すれば容易にこうした提示金額を覆すことができます。弁護士への相談の時でも客観的な物的証拠にまさるものは存在しないので、事故の慰謝料の手続きの際には忘れないように準備しておきましょう。”