交通事故の入院費

交通事故の入院費の請求は弁護士に相談する

交通事故の入院費の請求は、弁護士に相談することによって正しい手続きを行うことが出来るようになります。一般的に、交通事故で怪我を背負ってしまった場合には、その怪我を治療するために病院に通院しなくてはなりません。病院の通院だけでは治すことが出来ない怪我の程度であるのならば入院しなくてはならないので、それも慰謝料請求の一環として請求するのがよいでしょう。

交通事故で加害者側に慰謝料請求をするときには、どのような保険が適用されるのかをまず把握しておく必要があります。入院に関連して適用することが出来る保険としては、まず自賠責保険という保険が考えられます。自賠責保険は、一律に被害者に対して支払われる保険のことを意味し、怪我を治療するのに必要になった日数や入院費などを考慮して計算することになりますので、自賠責保険を考慮するのならば治療にかかった時期や費用もきちんと証明できるようにしておくことが重要です。

そして、もう一つ重要になるのが民間保険に関する問題です。民間の保険は自賠責保険と違って任意保険なので、保険会社によって基準が異なります。交通事故で大きな怪我をした場合には必ず慰謝料請求として保険会社に対してお金を請求することが出来るのですが、その考え方や計算方法に関しては保険会社が基準としているファクターによってかなり異なりますので、示談交渉の際にも一般的な相場と考えられている相場よりも低い相場になることも珍しくありません。

一方で、交通事故で病院で寝泊まりするほどの怪我をしてしまった時には保険会社としても大きなお金を払わなくてはならなくなりますので、入院したことをしっかりと証明できる書類が病院から作って貰う必要があります。病院から出ることが出来ない怪我の種類としては、数日から数週間で治る怪我と一生その毛が引きずってしまうほどの後遺症があるほどの怪我と二つありますが、後遺症が残るほどの怪我であった場合にはまた手続きの仕方が異なってきますので、この点に関しては弁護士と相談してしかるべき手続きをおこなっていくことが賢明です。

弁護士は、基本的に与えられた客観的な証拠や過去の事例を比較して慰謝料を計算します。たとえ本当に大きな怪我をしていたとしても、それを証明できるものが存在しないと弁護士の方からもうまく対処をすることができなくなりますので、その点だけは間違わないように注意をしておかなくてはなりません。”