慰謝料の基準

慰謝料の基準を理解して交通事故を弁護士に相談する

交通事故で弁護士に依頼するときには、慰謝料請求をすることを前提として相談をしなくてはなりません。慰謝料請求の基準は交通事故の場合にはそれぞれの保険会社によってかなり異なる傾向がありますので、実際に請求する際にはまず保険会社と連絡をとって示談交渉を進めていくことが普通になっています。弁護士は、そうした示談交渉の現場で話し合いを代理で行ってくれる貴重な存在であるため、相談して任せておけばあとはうまく話し合いを進めてくれます。

交通事故にかぎらず、慰謝料の基準というのは法律的な上限が存在しないので個別具体的に案件ごとに考えていくことが基本です。慰謝料は、被害者が受けた精神的な損害を填補するために存在する補償に違いありませんが、精神的な損害に関するダメージは人それぞれであって基準を設けることはなかなか難しいという現状があります。そうした中でもしっかりと相場が存在するのは、様々なファクターを考慮して計算した過去の事例が存在するからにほかなりません。

実際に、交通事故の慰謝料の示談交渉をするときには、保険会社の方からこのような過去の事例を参考にした示談金額の提示が行われます。知っていれば対応することは簡単ですが、こうした交通事故に関する 一般的な相場をしっていないとうまく対応することができないのが現実です。弁護士の中にも交通事故に詳しくない弁護士が存在しますが、そうした弁護士ではうまく交渉を進めていくことができないのでそうした基準で弁護士を選択することも重要だといえます。

交通事故のトラブルを解決する時に重要になるのは、被害者が受けた倍賞をどれだけ効率的に相手に対して支払わせることができるかにありますので、そもそも法律的な知識が疎い素人が示談に参加しても意味が無いのです。その点を理解して、交通事故のトラブルは解決していくことが大切になります。

交通事故は、被害者と加害者という民間人同士が問題を解決する民事的なトラブルに終始することがほとんどです。これに故意や過失が入ってくると刑事事件に発展してしまいますので、この場合には警察などの捜査機関にすべての問題解決を任せればなんの問題もありません。そうした状況にならなかった場合には被害者自身が慰謝料という賠償で地震に対する損失を償わせなくてはならないので、交通事故で大きな慰謝料をもらうときにはそうした前提を頭に入れながらトラブルの解決の話し合いを進めていくことが重要です。”