厚木に一戸建て

あこがれの厚木に一戸建てを持つという事について

神奈川県の小田原から大磯、平塚、茅ヶ崎、厚木、七里ヶ浜、鎌倉と言った沿岸地域などの事を厚木と言います。但し、厚木というのは必ずしも海沿いだけではなく、内陸部も厚木と呼ばれています。しかしながら、厚木=海と言ったイメージを持つ人が多い事からも、あこがれの場所であり、庭付きの一戸建てをこの地に持つと言うあこがれを持つ人も少なくありません。

あこがれを持つ人が多い事からも、このエリアは人気のエリアなのです。土地の取引価格と言うのは地域毎に異なるわけですが、2013年度における土地の取引価格は以下のようになっています。但し、この情報は必ずしも海に近いという事ではありません。

小田原市においては1坪あたり30.17万円、中郡大磯町では24.01万円、平塚市は40.16万円、茅ヶ崎市は54.58万円、厚木市は64.17万円、鎌倉市は85.7万円になっています。この相場から見ても解るように、厚木地域の中でも三浦半島に行くほど金額が高くなっているのです。

尚、これらの数字はあくまでも平均の価格ですので、実際に一戸建てを建築する土地価格の目安にしておく必要が有ります。一戸建てには土地を購入して住宅を建築すると言う注文住宅、不動産会社などがハウスメーカーや工務店に依頼して、不動産会社が購入した土地を分割して住宅を建築すると言う分譲住宅、そして売主が不動産会社に仲介を依頼して販売を行う中古の一戸建て住宅などが有ります。

何れの場合も、土地の価格における価値と言うものは新築一戸建てでも、中古一戸建ての場合でも同じで、異なる部分と言うのは上物となる建物の価値により金額が変わってくるのです。注文住宅の場合は、家の間取りは施工主の意図が反映されますが、分譲住宅の場合は不動産会社が設計事務所などに依頼をしてコンセプトに基づいて家の設計が行われるものですので、購入者の意図やこうして欲しいと言った要望が有りません。

また、中古一戸建ては前任者が作り上げた家、もしくは分譲されている物件を購入するものですの、現状をそのまま利用する形になるわけです。尚、建物というのは年数が経過する事で劣化などを起こす事になりますので、建物の価値は年々下がる事になります。しかしながら、一戸建ての土地というものは、その年の公示価格で価値が定められるもので、価値が下がる年もあれば上がる年もあるなど様々なのです。

あこがれの地で生活をする時、中古物件に付いても視野に入れることで希望通りの住まいを探す事も可能になるのです。”