中古物件も視野に入れて

厚木の一戸建て物件は中古物件も視野に入れて

リビングルームやお風呂場、寝室などから海が見える一戸建て住宅と言うのは、多くの人が憧れるものです。
また、家から海が見えなくても、歩いて10分ほどの場所に海があれば、毎朝海まで散歩に出かけるなど生活の中に自然をと入れた形で、気分的にもゆとりのある生活が可能になります。

特にサーフィンや釣りなどを趣味としている人にとって海が近いという事は何よりも贅沢な話であり、厚木などのエリアと言うのは神奈川県の中でも人気があるエリアなのです。

因みに厚木と呼ばれているのは、相模湾沿岸地域で、必ずしも海に近い地域だけではありません。
場所に関係なく厚木に一戸建てを持ちたいと言う人もいるわけですが、厚木は一つのブランドにもなっており、他の地域と比べると土地価格も高めになります。

厚木は鎌倉あたりから西側にある小田原までの沿岸地域になりますが、鎌倉と言うのは小高い丘の上に住宅が有るような場所で、場所によっては一戸建ての家から海を望める物件も在ります。

また、逗子なども鎌倉と同様に、海を望める家もあれば、海まで徒歩5分や10分と言った物件も数多くありますし、厚木市にも海に近い物件は多くあります。
因みに、2013年度における土地の取引価格では、鎌倉の場合は坪単価が85.7万円、逗子の場合は67.16万円、厚木市の場合は64.17万円となっており、何れも1坪当たりの単価は50万円を超えていますので、40坪ほどの一戸建てを考えた場合、土地だけでも2560万円から3500万円と言う費用が必要になってくるのです。

更に、一戸建ての場合は家を作る事になりますの、仮に家が2000万円と言う費用が必要な建築物であれば、5000万円前後の費用が必要になるのです。

しかしながら、中古物件の場合は費用の大半は土地価格のみとなりますので、格安で一戸建て物件を所有する事も可能になります。
また、築年数に応じて中古物件の価格は変わりますので、築年数が経過している物件でも、少々リフォームを行えば十分使えると言った物件だあれば、格安の中古物件もあるのです。

因みに、中古物件を購入する時に注意をしておきたことは、その物件がある土地に再び住宅を建築する事が出来るのかや、土地をそのままの状態で建築物が作れるのかと言ったことを確認しておくことが大切なのですが、良心的な不動産会社であれば、再建築不可であるとか、セットバックが必要になるなどの情報は前もって教えてくれるのです。”