一戸建ての相場

厚木の一戸建ての相場について

神奈川県の中で土地の取引価格が一番高いと言われているのは、川崎市中原区の128.84万円になります。一方、神奈川県の中で最も取引価格が一番安いと言われているのは、足柄下郡箱根町の6.49万円になります。

因みに、足柄下郡箱根町と言うエリアは、観光地でも有名な箱根や芦ノ湖が有る地域であり、一戸建てをこの地に持つ人は別にしても、サリーマンなど一般の人がこの場所に一戸建てを作ると言うケースは少ないものです。

川崎などの場合は、都心に近い事からも交通のアクセスが良く人気が高いエリアになっているのですが、神奈川県には海沿いの地域を厚木と呼んでいます。厚木は海が近い事からも人気の高いエリアでもあるのですが、川崎市の中原区と比べると、取引価格はそれほど高くはありません。

因みに厚木と呼ばれているのは、三浦半島の鎌倉市から西側にある小田原市辺りまでの沿岸地域です。小田原から鎌倉方面に向かうに従い、土地相場は高くなる傾向にあります。

鎌倉市などの取引価格の平均相場は、坪あたり85.7万円になりますが、厚木の中心にあたる茅ヶ崎市などの場合は54.58万円と言う相場価格になっています。但し、東に行くほど東京から離れていきますので、都心までの所要時間が掛かる事になるわけです。

海に近いエリアと言うのは、潮風などがありますので当然塩害の影響を受けやすくなります。塩害により一戸建ての老朽化が加速するという事は在りませんが、それでも普通の地域と比べれば金属類は錆びる速度は速くなります。

因みに、自転車などは金属材料で出来ていますので、自転車の錆の速度は速くなります。

所で、最近は太陽光発電を自宅で行う人が多くなっています。
太陽光発電は、屋根の上に設置したソーラーパネルに太陽の光が照射されると、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換をして発電を可能にしてくれるものです。

太陽の光エネルギーは、再生可能エネルギーをと呼ばれており、地球に優しいエネルギーを利用した発電設備なのです。
一戸建て住宅の屋根に必要枚数のソーラーパネルを設置すれば、日中太陽の光が当たる事で発電をし、その電気は住宅の中で利用をする事が可能になります。

更に、余った電気は電力会社に売却する事が可能になっており、発電を行う事で電気代を節約する事が出来るのです。

尚、一戸建ての屋根の上にソーラーパネルを設置しますので、塩害のある地域では利用が難しいとされているのですが、厚木などの地域においては問題なく利用する事が可能になっているのです。”